ヨシムネの書きだめ

文章化して忘れないように書き留めます

東京ゲームショウ2019で行われる配信スケジュールをまとめる話

目次

東京ゲームショウ2019について

2019年の9月12日~9月15日(12日・13日はビジネスデイで14日・15日が一般公開日)に千葉県千葉市美浜区幕張メッセで行われる東京ゲームショウ2019(以下TGS2019)では、基調講演をはじめに各ブースでのライブ配信が予定されています。実際に過去のTGSを訪れた方の中では「色々見て周りたいけどブース数が多く難しい」と感じる方もいるのではないでしょうか。

expo.nikkeibp.co.jp

今回はブース別にライブ配信のスケジュールを時系列順でまとめていきますので、興味のあるブースを目次から選択してご確認ください。また、「全日程」の表記が無いブースでは、ビジネスデイ2日目の13日にステージ・配信を行なっていませんので13日にイベントを訪れる方に関しては注意が必要です。

各ブースごとの配信スケジュール

TGS公式(基調講演など)

www.youtube.com

公式ではビジネスデイに業界関係者・プレス向けの基調講演や専門セッションを行うほか、一般公開日にはTGSによるeスポーツ大会「e-Sports X」や「日本ゲーム大賞2019 授賞式」の様子がライブ中継される予定となっています。ステージの詳細な内容についてはTGSの公式HPをご覧ください。

  • 9月12日(木)の配信

  1. 10:30~12:00
    基調講演「5Gインパクト~5Gによって“ゲームチェンジ”は起こるか?」
  2. 12:15~17:00
    JeSu主催 e-Sports 特別プログラム
    「2019年度日本eスポーツ連合JeSU)活動報告&発表会」
    「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI 組合わせ抽選会」
    「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ
    eFootball ウイニングイレブン 2020日本代表決定戦」
  3. 13:00~14:30 グローバル・ゲーム・ビジネス・サミット(GGBS)
    「2020年を展望――
    世界の主要メディア・識者が語るゲームのターニングポイント」
  4. 16:00~17:30(予定)

    日本ゲーム大賞2019

    経済産業大臣賞」 「年間作品部門」 発表授賞式

  • 9月13日(金)の配信
  1. 10:30~12:00
    スタンドアローンHMDVRマーケットの起爆剤となるのか?」
  2. 10:30~16:30
    JeSu主催 e-Sports 特別プログラム
    「グローバルeスポーツムーブメント:オフィシャルスポーツとしての可能性」
    「国際親善エキシビジョンマッチ
    レインボーシックスシージ Fnatic Vs 父ノ背中」
  3. 12:30~13:00
    MENA(中東・北アフリカ地域)へのゲートウェイ
    ゲーム&メディアビジネスの新都心ドバイ・メディア・シティの全貌」
  4. 14:00~15:00
    「eスポーツ参入への第一歩~
    BenQ、RIZeST、スサノオ3社の取り組みを一気に公開」
  5. 14:30~15:00
    「モバイルゲーム開発会社とファーウェイとの取り組みについて」
  6. 15:30~17:00
    「eスポーツ新展開! 地方創生の新活用を探る」
  7. 17:30~20:00
    「Sense of Wonder Night 2019」
  • 9月14日(土)の配信

  1. 10:00~11:30
    日本ゲーム大賞2019 「アマチュア部門」 発表授賞式
  2. 12:45~13:45
    「マインクラフトダンジョンズ TGSステージ supported by U-FES.Games」
  3. 14:00~16:30
    e-Sports X BLUE STAGE Presented by PlayStation 4
    コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア スペシャルマッチ」
  4. 14:00~20:00
    e-Sports X RED STAGE
    パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019」
    DEAD OR ALIVE 6 World Championship "The Fatal Match in Japan"」
  5. 18:30~20:00
    「Cosplay Collection Night @TGS presented by Cure WorldCosplay」
  • 9月15日(日)の配信

  1. 10:00~12:00

    日本ゲーム大賞2019「U18部門」決勝大会

  2. 10:30~18:00

    e-Sports X RED STAGE

    「Arena of Valor International Championship 日本代表決定戦」

    ドラゴンクエストライバルズ マスターズカップ in TGS2019」

  3. 10:30~18:00
    e-Sports X BLUE STAGE Presented by PlayStation 4
    ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON2 TGS特別大会 決勝トーナメント」
    CAPCOM Pro Tour アジアプレミア」

 PlayStation(12日・14日・15日)

プレイステーションブースではコジマプロダクションの小島秀夫監督による『DEATH STRANDING』の生解説が行われます。また、一般公開日にはティザーPVが公開されたばかりの『PROJECT RESISTANCE』や『龍が如く7 光と闇の行方』など話題の新作に関連したステージも予定されており、注目度の高い配信の1つです。

www.jp.playstation.com

特設サイトにてタイムテーブルの公開と各ステージの紹介が行われていますのでそちらをご覧ください。

スクウェア・エニックス(14日・15日)

www.jp.square-enix.com

スクウェア・エニックスブースでは『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』や『Marvel's Avengers』などの新作や、『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』などのリマスター作品・移植作品に関連するステージが配信される予定です。

また、『超ドラゴンクエストX TV 』や『ファイナルファンタジーXIV 吉P散歩』などのMMORPG作品に関連した人気企画のステージも行われます。特設サイトにてタイムテーブルの公開およびステージ紹介が行われています。

カプコン(12日・14日・15日)

カプコンのブースでは『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に関するステージが配信され、10月の無料アップデートで登場するラージャンについて紹介が行われます。また『PROJECT RESISTANCE』や『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』などの新作に関連したステージも予定されています。

www.youtube.com

9月12日と14・15日にはカプコンYoutube公式チャンネルで月2回行われている「カプコンTV」の特番と称する形で、ライブ中継や特設スタジオでのインタビューが配信される予定です。

セガゲームス/アトラス(全日程)

tgs.sega.jp

セガゲームス/アトラスブースでは9月12日・13日と14日・15日の全日程で、『新サクラ大戦』や『龍が如く7 光と闇の行方』、『十三機兵防衛圏』など15作品に関連したステージを配信する予定です。現状公開されている情報が少ない『NEW GUILTY GEAR』のステージが9月13日に予定されており、何らかの新規情報が出てくることが予想されます。

バンダイナムコエンターテインメント(全日程)

tgs2019.bandainamcoent.co.jp

バンダイナムコエンターテインメントブースでは『CODE VEIN』や『テイルズ オブ アライズ』などのステージや、Youtubeクリエイターによる『ミニ四駆 超速グランプリ』などのピックアップタイトル紹介が配信される予定です。

www.youtube.com

また、e-Sports X STAGEでは14日に「 鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦 2019」が開催され、12:30~16:30に予選が行われたのち、17:30~20:00に国際大会への出場者が決定される決勝トーナメントが行われる予定となっています。

コーエーテクモゲームス(12日・14日・15日)

www.gamecity.ne.jp

コーエーテクモゲームスでは安田文彦プロデューサーによる『仁王2』の新要素などの生解説が行われるほか、AI開発で有名なHEROZ株式会社と共同開発している新作スマートフォンゲームに関する発表などのステージが配信される予定です。

コナミデジタルエンタテインメント(全日程)

www.konami.com

コナミデジタルエンタテインメントではビジネスデイにイザナギゲームズの新作発表や『ラブプラス EVERY』、『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』などのステージが行われます。そのほか、一般公開日にはメディアミックス作品『バンめし♪』の生バンドライブ&トークステージや、ファルコムjdkバンドによるスペシャルライブも行われる予定です。

タイトー(全日程)

www.taito.co.jp

タイトーではビジネスデイに山田哲社長による”インベーダーの生みの親”西角友宏さんと、『ARCADE1up』の生みの親であるスコット・バックラックさんへの生対談インタビューが行われます。また一般公開日には、『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』に関する新情報の発表や、『ラクガキ キングダム』に関連したさまざまなトークなどのステージが行われる予定です。

DMM Games(全日程)

tgs.games.dmm.com

DMMゲームスでは2020年に発売予定の『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』などの新規発売タイトルの紹介がビジネスデイに行われるほか、一般公開日には新作の『OVE GENERATION』や『マジカミ』などのステージも行われる予定です。また、14日の『Witch's Weapon -魔女兵器-』のステージでは鈴木このみさんによるミニライブも行われます。

ファミ通×ゲームの電撃(全日程)

promo.kadokawa.co.jp

ファミ通×ゲームの電撃では声優やゲームクリエイターをゲストに迎えながら最新の注目作・話題作に関するトークが展開される予定です。また、"昨年大きな反響があった"という企画「ファミ通vs電撃」も行われます。配信内容やゲストの詳細については特設サイトの"配信の詳細はこちらから"にあるリンクで確認してください。

www.spike-chunsoft.co.jp

 14日の「スパイク・チュンソフトDay」では、『サイバーパンク2077』の開発者トークや日本語キャストによる特別企画を予定しています。12:15~13:00には本邦初公開の完全新規作品に関する発表も行われるということで、期待度の高いブースの1つとなっています。

IGN JAPAN(全日程)

jp.ign.com

IGNのブースでは"昨年比のおよそ2倍"にあたる約30時間の配信を行う予定です。今年の冬に発売を予定している『GUNGRAVE GORE』のトークコーナーに『GUNGRAVE』シリーズの原作者で漫画家の内藤泰弘さんがゲストに登場。そのほか海外からも様々なゲームクリエイターがゲスト登場する予定となっており、海外の作品に関する面白い話や新規の情報が期待できます。

4Gamer(全日程)

www.4gamer.net

4Gamerブースはゲームクリエイターや声優などのゲストを招いてトークライブを行う予定です。SwitchとSteamでのダウンロード販売を予定しているオンライン対戦シューティングゲーム『SYNAPTIC DRIVE』や、日本でのサービス展開が待たれるスマートフォン版『完美世界』など、4Gamerの注目作品に関する独自のトークも予定されています。

Xperia(全日程)

www.sonymobile.co.jp

スマートフォンの『Xperia』シリーズを販売するソニーXperiaブースを展開。週刊アスキー編集部の方や、ニッポン放送吉田尚記アナウンサーが出演するトークライブを生配信します。また、公式コスプレイヤーがプレイヤーとしてゲスト参戦する『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』のゲーム実況ライブも行われます。現場の体験コーナーでは、フラッグシップモデル「Xperia 1」の性能を試すことができるそうです。

ハムスター(全日程)

 『アーケードアーカイブス』シリーズをPS4Xbox One/Switch/PC(Win10)向けに配信している株式会社ハムスターはニコニコ生放送でのライブ配信を予定しています。ゲーム芸人として活動しているフジタさんが来場者100人と組み手形式で対戦する企画「ゲーム芸人フジタの100人組手」が行われるほか、一般公開日2日目の15日にはプラチナゲームズ神谷英樹さんもゲスト登場する予定です。

ハピネット(14日・15日)

happinet-tgs.com

Switch向けの新作『ブリガンダイン ルーナジア戦記』を2020年に発売予定のハピネットブースでは、ルーナジア戦記の開発裏話や実機プレイなどを公開するライブ配信が行われます。また、『白き鋼鉄のX(イクス)』やメディアミックス形式のTCG『Z/X(ゼクス)』のミニライブも行われる予定です。

株式会社アグニ・フレア(14日)

sikaq.com

ゲームのエフェクト制作などで『ドラゴンクエストXI』や『Fate/Grand Order』などの作品にも関わっている株式会社アグニ・フレアが、初のアプリゲーム作品『シカッQ』と共にTGS2019に出展します。

ブースによって配信しているサイトが異なるので注意

上記にまとめたライブ配信は基本的にYoutube liveが主ですが、企業によってはTwitch/ニコニコ生放送/periscope(Twitter)/Openrecでの配信も行っているか、あるいはこれらのいくつかに限定して配信しているものがあるため注意が必要です。そのため、タイムシフト機能に対応していない配信に関しては、なるべくオンタイムで視聴する必要がある点も考慮しておきましょう。

【著作権について】
当ブログに掲載している画像・動画を含むすべての外部コンテンツの著作権は、著作者および著作権を保有する企業に帰属します。
著作情報の削除依頼に関しては、aboutページに記載されているメールアドレスよりお願いいたします。
著作者からの申請であれば、速やかに対応いたします。

Logo created by DesignEvo logo maker